補聴器関連記事

台風で大規模な停電が発生した場合、充電式補聴器を使用している方々は大変困ってしまいますね。そんな時に役立つものをご紹介しています。

補聴器の効果をしっかり評価するためには、「効果測定」が役立ちます。 効果測定を正しく実施するためには測定設備の管理がとても大事なのです。正しく測定するための「音場校正」について紹介します。

耳かけ形補聴器の導音チューブは消耗品ですので、定期的な交換が必要です。劣化すると外れやすくなるなど、良いことなし! その場でスグ交換できるので、少し汚れたり、硬くなってきたと感じたら購入店に相談を!

補聴器はこれからの時代、単なる聞こえを助ける機器ではありません。難聴がなくても使いたくなる、そんな機器になりつつあります。

買ったばかりの補聴器を紛失してしまったら・・・痛いですね。 でも紛失を心配して、本来必要な機能を妥協してしまい、簡単な器械でいいやと考えないでほしいのです。 そんな方のために、当店は心のこもった対応をしていきたい。

突発性難聴や中耳炎術後など、少々難しい聴力でも出来ることはあるかも知れません。諦めずにご相談頂ければ一緒に解決策を考えます。

補聴器や集音器で、かえって難聴が進んでしまう事ってないんでしょうか? その可能性について説明していきます。

補聴器は様々な店で売られていますが、安いからという理由だけで販売店を選択すると、痛い目に遭う事もあるようです。

補聴器の購入費用が医療費控除の対象とできるようになりました。 そのために必要となる手続きについて説明しています。

補聴器は「聞こえ」を守り維持していくために使うもの。障がいをサポートする機器という考え方は古いのです。 早めに聞こえのケアをすることで、生活の質を落とすことなく、健康で活動的な老後を迎えましょう!

さらに表示する